オフィス移転
サービス部門3冠達成

支持率 物件充実度 スタッフ対応
条件で絞り込む
  • キーワード

赤坂・溜池山王周辺の賃貸オフィス・賃貸事務所の物件・相場情報

検索結果160

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

赤坂・溜池山王エリアの賃貸オフィス・賃貸事務所特集

赤坂

目次

  1. 1. 赤坂・溜池山王エリアの特徴
    1.  1-1. 赤坂・溜池山王の路線
    2.  1-2. エリア内に本社を置く有名企業
    3.  1-3. 赤坂・溜池山王を管轄するビジネス関連の官公庁
  2. 2. 赤坂・溜池山王エリアの賃料相場情報
    1.  2-1. 中小規模オフィスの賃料は周辺地域と比較するとリーズナブル
    2.  2-2. 中小規模から大型・高層オフィスまで選択肢は広め
    3.  2-3. エリア内では庶民的な赤坂見附駅周辺
  3. 3. 赤坂・溜池山王の賃貸オフィス・事務所で知っておくべきキーワード
    1.  3-1. 繁華街として長い歴史を持つ赤坂・溜池山王エリア
    2.  3-2. 特に士業や財団法人など公益性の高い事業者に人気
    3.  3-3. 世界に開かれた国際都市赤坂

1. 赤坂・溜池山王エリアの特徴

赤坂見

   赤坂・溜池山王エリアは霞が関、六本木、青山にも隣接するエリアで、昔から繁華街として栄えてきました。高級料亭・クラブなどが立ち並ぶ繁華街、芸能人や富裕層が自宅を構える高級住宅街のイメージが強い地域ではありますが、オフィス街としての需要も昔から底堅く、官公庁向けのフォーマルなビジネスや士業事務所、日本に進出してきた外資系企業、昔ながらの中小企業など様々な業種・事業規模の企業が事務所を構えています。
六本木や青山と比較すると家賃にややお値頃感がありますが、底堅い人気がありオフィス街としてのブランド力があります。大使館や外資系企業が多く、官公庁や士業事務所も多いことから海外進出も視野に広げて事業拡大を狙いたい事業者がオフィスを構えるのには良いエリアです。

赤坂・溜池山王エリアの路線

<都内主要駅へのアクセス:新橋駅基準>

 自動車  鉄道・バス  自転車
 新宿駅 16分(4.7km) 17分(丸ノ内線) 20分(5.2km)
 品川駅 21分(7.8km) 21分(銀座線→上野東京ライン) 26分(5.9km)
 丸の内(東京・大手町)駅 12分(3.5km) 9分(千代田線) 17分(3.5km)
 羽田空港 28分(18.4km) 40分(千代田線→山手線→東京モノレール) 1時間9分(17.5km)

<周辺の駅・路線>

  • 東京メトロ赤坂駅:千代田線
  • 東京メトロ赤坂見附駅:銀座線、丸の内線
  • 東京メトロ溜池山王駅:銀座線、南北線

エリア内に本社を置く有名企業

   NTTドコモ、TBSテレビ、アクセンチュア、カネカ、コナミ、コカ・コーライースト、ツムラ、ドイツ銀行、小松製作所、富士フィルム、双日 など

赤坂・溜池山王を管轄するビジネス関連の官公庁

税務署:麻布税務署 (〒106-8630 東京都港区西麻布3丁目3番5号)、麹町税務署(〒102-8311 東京都千代田区九段南1丁目1番15号 九段第2合同庁舎 1階・2階)
都税事務所:港都税事務所 (〒106-8560 港区麻布台3丁目5番6号)、千代田都税事務所(〒101-8520 千代田区内神田2丁目1番12号)
年金事務所:港年金事務所 (〒105-8513 東京都港区浜松町1丁目10番14号 住友東新橋ビル3号館1~3階)、千代田年金事務所(〒102-8337 東京都千代田区三番町22)
法務局:東京法務局 港出張所 (〒106-8654千港区東麻布2丁目11番11号)、東京法務局 (〒102-8225千代田区九段南1丁目1番15号九段第2合同庁舎)
役所:港区役所 (〒105-8511 東京都港区芝公園1丁目5番25号)、千代田区役所(〒102-8688 東京都千代田区九段南1丁目2番1号)

※赤坂・溜池山王エリアは千代田区と港区の境界線上にあり、赤坂は港区側、溜池山王は千代田区側となります。事務所所在地によって管轄公官庁が異なる可能性が高いので注意してください。

2. 赤坂・溜池山王エリアの賃料相場情報

赤坂見2

   赤坂・溜池山王エリアの賃料相場は上記のとおりです。もちろん住所、築年数、付帯設備によっても実際の家賃は異なります。六本木、青山などに隣接していることもありこれらのエリアと同様に家賃は高い傾向にあります。
200坪クラスの大床面積のオフィスは平均坪単価30,000円以上ということで、他のエリアと遜色ありませんが、50坪以下クラスの中小規模のオフィスであれば平均坪単価20,000円を切る物件もさまざまあります。
昭和の時代から続き中小企業向けの雑居ビルから再開発によって誕生した最新の大床面積・高層ビルまで様々な賃貸物件が用意されているので選択肢は豊富です。

中小規模オフィスの賃料は周辺地域と比較するとリーズナブル

   大規模オフィスについては六本木・青山エリアと遜色のない平均坪単価となっています。ただし、再開発が進んでいない地区もあり、そういった場所に中小企業向けの雑居ビルも数多く残っているので、周辺地域と比較すると小規模事業者向けのオフィスの価格帯はリーズナブルになっています。
オフィス賃料と赤坂という土地が持つブランド力と利便性の高さを考慮するとコストパフォーマンスの高い物件がたくさんあります。青山、六本木、赤坂など港区近辺でブランドオフィス街に事務所を構えたいのならば、まず赤坂エリアから優良物件を探しに行くべきです。

中小規模から大型・高層オフィスまで選択肢は広め

   赤坂サカスビズタワー、山王パークタワー、インターシティAIR、アークヒルズのように有名な高層オフィスビルが立ち並ぶ一方で、まだまだ再開発が進んでいない地域もあり、そういったエリアには中小企業向けのオフィスが数多く残されています。
青山周辺は空室率が低く、空きオフィス情報が公表される前に次の入居者が決まるほど倍率が高いことで有名ですが、赤坂は物件数が多いため比較的空室率も高くなっているので、色々なオフィスから自社にあった最適な事務所探しができます。
青山地区でオフィスを探しているけど、なかなか物件情報が手に入りにくい場合は、青山・溜池山王エリアも込みで物件を探すと良いでしょう。

エリア内では庶民的な赤坂見附駅周辺

   大規模・高層オフィスが立ち並ぶ赤坂・溜池山王エリアですが、赤坂見附駅周辺は相対的に再開発が進んでおらず、昔ながらの街並みが残っており赤坂エリアの中でもオフィス賃料が割安な傾向があります。赤坂駅、溜池山王駅周辺の洗練されたオフィス街とは異なり、赤坂見附駅周辺は居酒屋などが立ち並ぶやや庶民的なエリアで中小・零細規模も事業者も数多く拠点を構えています。
高級住宅街・オフィス街としての赤坂・溜池山王エリアにはない、親しみやすさを感じさせるエリアなので、こういったエリアが好き、赤坂・溜池山王エリアでオフィス賃料を割安で済ませたい場合は赤坂見附駅周辺で物件を探すべきです。

3. 赤坂・溜池山王エリアの賃貸オフィス・事務所で知っておくべきキーワード

溜池山王

   赤坂・溜池山王は高級オフィス街ではありますが、六本木、青山、霞が関などの周辺オフィス街と比較すると強みやブランド力が弱く、色々な業種・規模の事業者がオフィスを構えているものの相対的に空室率が高い状態が続いていました。
そんな悪く言えば器用貧乏、よく言えば包容力の高いオフィス街であった赤坂ですが、近年目まぐるしく国際的なビジネスの拠点として整備が続いています。今後国際都市として日本企業と海外企業をつなぐ玄関口としての役割が赤坂・溜池山王エリアには期待されています。

繁華街として長い歴史を持つ赤坂・溜池山王エリア

   赤坂・溜池山王エリアは江戸時代から都内でも有数の繁華街、高級住宅街として知られています。もともと赤坂は江戸城周辺の大規模整備によって誕生した町で紀伊徳川家を中心に、大名や旗本などが武家屋敷を構える街でした。ちなみに、赤坂は高台にあり、その外堀のふもとに藩士や庶民、職人が住み着いて誕生したのが現在の溜池山王エリアです。
この頃から既に繁華街として発展してきた赤坂ですが、空襲により戦後は焼け野原からスタート、一時期は自動車会社が本社を構える街としてスタートします。その後は高度経済成長期に霞が関に隣接していたことからキャバレーやクラブが立ち並ぶ歓楽街として一時期は銀座と並んで双璧をなすほどでした。
そしてバブル崩壊以降、繁華街としての需要が低下、雑多なビルが徐々に取りまとめられ、現在の大規模、高層のオフィス・商業施設が集まる赤坂エリアに変貌しました。ただし、まだまだ昭和の面影を残るビルもたくさん残っており、このようなビルは割安なオフィス賃料設定になっているので中小企業、スタートアップにも手が届きやすくなっています。

特に士業や財団法人など公益性の高い事業者に人気

   霞が関に近いこともあり、麹町エリアなどと同様に弁護士や税理などの士業、財団法人や公益法人などの公共性の高い事業者に人気のエリアとなっています。これらの業界に関わらずそのイメージの良さからコンサルティング、広告、マスコミ、金融、IT、外資、メーカーなど多様な企業が赤坂・溜池山王エリアに拠点を構えているので、多様性の高いオフィス街だといえます。ちなみにTBSやユニバーサル・ミュージック、ジャニーズ事務所などがあり芸能人も多く居住するエリアなので相対的に一般的なビジネス街と比較すると華やかな雰囲気があります。
いずれにしても、虎ノ門を中心に他のエリアで注目の再開発が続き、相対的にオフィス街としての注目が弱くなっており、近隣に青山や六本木などの超人気エリアもあるので家賃は利便性とブランド力の割に安めに設定される傾向があります。
港区エリアとしてはコストパフォーマンスの高いエリアになりつつあるので、掘り出し物物件を探したい場合はぜひ候補にいれてください。

世界に開かれた国際都市赤坂

   業種・事業規模の点において多様性の高い赤坂・溜池山王エリアですが、近年は国際都市として変貌を遂げつつあります。 ARGYLE aoyama」(ジ・アーガイル・アオヤマ)です。
元々アメリカ大使館、カナダ大使館のように多くの大使館がエリア内に存在しており、アクセンチュア・ドイツ銀行・コカ・コーラなども本社を構える街ですが、2011年に政府は六本木・赤坂・虎ノ門エリアを国際戦略総合特別区のアジアヘッドクォーター特区に指定しました。その計画によると赤坂は外国人の居住、往来が多いという強みを生かして快適な居住空間が確保されたビジネス拠点として開発、外国企業を誘致することと公表されています。
それに伴い再開発が進められており、2019年には200メートルクラスの高層ビル赤坂インターシティAIRがオープンし、アクセンチュアやNTTドコモグループが入居しています。
その他にも赤坂二丁目では森ビルが中心となって床面積220,000平方メートルにもなる大規模ビルの建設を計画中、単なる複合施設にせずに国際協力を高める、文化・観光支援機能を持った拠点を開発しようとしています。
今後、国際的なビジネスの玄関口へと変貌を遂げるであろう赤坂・溜池山王エリアは実は特に注目度の高いオフィス街でもあります。

ページトップへ