条件で絞り込む
  • キーワード

四谷・信濃町周辺の賃貸オフィス・賃貸事務所の物件・相場情報

検索結果54

  1. 1
  2. 2

賃貸オフィス特集(四谷・信濃町エリア)

四ツ谷

目次

  1. 1. 四谷・信濃町エリアの特徴
    1.  1-1. 四谷・信濃町の路線
    2.  1-2. エリア内に本社を置く有名企業
    3.  1-3. 四谷・信濃町を管轄するビジネス関連の官公庁
  2. 2. 四谷・信濃町エリアの賃料相場情報
    1.  2-1. 新宿区の中でも特にオフィス賃料の安いエリア
    2.  2-2. オフィス物件は少なめ、特に大規模オフィスの確保が難しい
    3.  2-3. 北部は同様の相場傾向、その他隣接エリアはオフィス賃料高め
  3. 3. 四谷・信濃町の賃貸オフィス・事務所で知っておくべきキーワード
    1.  3-1. 新宿区、千代田区、港区の境界という好立地
    2.  3-2. 医療・宗教関係の施設が多く、緑豊かなエリア
    3.  3-3. 再開発の一環で2020年「コモレ四谷」オープン

1. 四谷・信濃町エリアの特徴

信濃町

   四谷・信濃町は江戸時代に武家屋敷のあったエリアで今でも高級住宅街の1つとして挙げられます。武家屋敷の跡地の広大な土地があったことから警察署や消防署などの公共施設が置かれており、信濃町付近には慶應大学病院の巨大なキャンパスがあります。また、西部には新宿御苑、南部には明治神宮外苑があることから都内でも屈指の自然の多いエリアとなります。
周囲を新宿、青山、麹町など人気のオフィス街に囲まれる好立地でありながら周辺エリアと比較してオフィス賃料相場はかなり割安になっていて、中小企業・スタートアップでも事務所として活用しやすい中小規模のオフィスがたくさんありますし、住宅も整備されています。
都心に拠点を構えながらの落ち着いた環境でビジネスがしたいという企業によって四谷・信濃町エリアは掘り出し物物件を発見しやすいエリアだといえるでしょう。

四谷・信濃町エリアの路線

<都内主要駅へのアクセス:四ツ谷駅基準>

 自動車  鉄道・バス  自転車
 新宿駅 8分(2.8km) 7分(丸ノ内線) 14分(3.5km)
 品川駅 24分(9.9km) 19分(中央線→京浜東北線) 35分(7.9km)
 丸の内(東京・大手町)駅 12分(3.8km) 9分(中央線) 22分(4.9km)
 羽田空港 31分(19.5km) 39分(中央線→京浜東北線→東京モノレール)) 1時間18分(19.5km)

<周辺の駅・路線>

  • JR東日本四ツ谷駅:中央線、総武線
  • 東京メトロ四ツ谷駅:丸ノ内線、南北線
  • 東京メトロ四谷三丁目駅:丸ノ内線
  • JR東日本信濃町駅:中央線、総武線

エリア内に本社を置く有名企業

   BuySell Technologies、アクトコール、朝日生命保険、三陽商会、高千穂交易、東鉄工業、ミロク情報サービス、持田製薬、綿半ホールディングス など

四谷・信濃町を管轄するビジネス関連の官公庁

税務署:四谷税務署 (〒160-8530新宿区四谷三栄町7番7号)
都税事務所:新宿都税事務所 (〒160-8304 東京都新宿区西新宿7丁目5番8号)
年金事務所:新宿金事務所 (〒169-8601 東京都新宿区大久保2丁目12番1号 1・2・4階)
法務局:東京法務局 新宿出張所 (〒169-0074 東京都新宿区北新宿1丁目8番22号)
役所:新宿区役所 (〒160-8484 東京都新宿区歌舞伎町1丁目4-1)

2. 四谷・信濃町エリアの賃料相場情報

   四谷・信濃町エリアの賃料相場は上記のとおりです。もちろん住所、築年数、付帯設備によっても実際の家賃は異なります。四谷・信濃町エリアは新宿区の中でもオフィス賃料相場が安いエリアで20坪から30坪クラスなら平均坪単価13,000円程度、100坪以上のオフィスであっても平均坪単価20,000円前半で借りられます。新宿、青山、麹町など隣接するエリアと比較するとオフィス賃料相場は格段に安いため、都心の好立地に事務所をコストパフォーマンス高く構えられます。ただし、周辺エリアと比較するとオフィス街としての開発は未だ進んでいないエリアなので大床面積の物件確保は少し難しいかもしれません。

新宿区の中でも特にオフィス賃料の安いエリア額

   新宿駅周辺は古くからオフィス街としての開発が進んでおり、20坪から30坪前後のオフィスでも平均坪単価20,000円前後、200坪以上になると平均坪単価30,000円程度となっています。一方で四谷・信濃町エリアのオフィス賃料相場は20坪前後で13,000円前後、100坪以上のオフィスであっても坪単価23,000円程度ということで新宿・西新宿エリアよりも3割程度相場が安くなっています。
この相場は都内の人気オフィス街の近隣のオフィス賃料相場としては極めてリーズナブルな価格だといえます。新宿区でオフィス賃料相場が安いエリアを狙うのであれば、まず四谷・信濃町エリアから物件を探しはじめるべきです。
ただし、四ツ谷駅周辺は相場が高いため、駅周辺エリアは外して物件を探した方が良いでしょう。

オフィス物件は少なめ、特に大規模オフィスの確保が難しい

   オフィス賃料は新宿区の中でも割安な傾向にありますが、オフィス街として開発されてきた町ではないので、オフィスと住居の割合は半々、オフィス用の高層ビルなどは少ないので自然と物件数は限られてきます。
中小規模オフィス用の物件なら四谷・信濃町エリアであっても比較的選択肢はありますが、大規模オフィスになると確保が困難になってしまいます。
特に新宿区で四谷・信濃町エリアを中心に大規模オフィスを探したい場合は東新宿や新宿御苑の方まで範囲を広げて探してください。また、賃料は高めになりますが西新宿には高層ビルと大規模オフィスが整備されているので、状況に応じて西新宿エリアも探した方が良いでしょう。

北部は同様の相場傾向、その他隣接エリアはオフィス賃料高め

   四谷・信濃町エリアは、東に麹町、南に青山、西に新宿エリアを抱える都内でも人気オフィス街に隣接したエリアです。これらのエリアにアクセスしやすい好立地にあるのにも関わらず、オフィス賃料相場を比較すると四谷・信濃町エリアの賃料相場は極めて安価に設定されています。
なお、北部は四谷・信濃町エリアと同様に都内でも立地の良さの割にリーズナブルなエリアとなります。例えば、四ツ谷駅の北側の曙橋駅周辺も20~30坪クラスは13,000円前後と四谷・信濃町エリアと同程度になっていますし、100坪以上のオフィスなら四谷・信濃町エリアよりもさらに低賃料の相場になっています。さらに北に進んで牛込柳町駅の方まで行けばさらにオフィス賃料相場は低下する傾向にあります。
このように北部に行っても同様の相場傾向か、さらに北部に行くとオフィス賃料相場は下がる傾向がありますが、北部のエリアの場合は賃貸オフィス自体を見つけるのが大変となるのであまり期待しない方が良いでしょう。

3. 四谷・信濃町エリアの賃貸オフィス・事務所で知っておくべきキーワード

   四谷・信濃町はオフィス街というよりも住宅街、医療・宗教関係の施設が多い町だといわれています。そのため、オフィス賃料自体は新宿駅周辺と比較すると確かに安めではありますが、物件探し自体に少し手間を掛けなければなりません。
ただし、希望にあった物件が見つかると都内でも穏やかな環境で仕事がしやすいエリアでもあります。新宿区、千代田区、港区と都内でも人気のエリアの3つのエリアの境界にあり、周囲には公園もたくさんある緑に囲まれたエリアです。高層ビルも少ないので圧迫感もなく歴史的な街並みと自然の中でゆったりと働くことも可能です。
新宿駅周辺で再開発ラッシュが続くのと比較すると、四谷・信濃町エリアはあまりオフィス街としての再開発が行われておらず、落ち着いた雰囲気の街並みをしています。
都心のアクセスが良い所にオフィスを構えたいけれども、都会のオフィスの喧騒は避けたいという場合に選ぶべきエリアです。

新宿区、千代田区、港区の境界という好立地

   江戸時代以前の四谷はほとんど何もない原っぱであったと言われていますが、徳川家康が江戸の町の開発にあたって甲州街道を整備することによって街道沿いにあった四谷は人家が増え始め、徐々に町になっていたとされています。江戸時代は街道に沿ったエリアは宿場町となり周囲には武家屋敷が並んでいました。
明治維新以降も交通整備が進み四谷・信濃町駅ができて、それに合わせて市電も開通し四谷は繁華街化してきます。第二次世界大戦によって被害も受けましたが、東京オリンピックに合わせて町も復興、昭和40年代には四ツ谷駅前の再開発も行われ現在のような状態になっています。
もともとオフィス街として発展したエリアではないので、住宅、オフィス、娯楽施設のバランスが良く、居住するのにも働くのにも優れたエリアです。特に、新宿区、千代田区、港区と隣接するエリアにあり、新宿、麹町、青山一丁目などの人気のオフィス街にも簡単にも行けますので立地としても優れています。

医療・宗教関係の施設が多く、緑豊かなエリア

   四谷・信濃町エリアの特徴としては医療・宗教関係の施設が多いことが挙げられます。信濃町の駅前には慶應義塾大学病院の広大な施設があり、周囲にも医療関係の施設が多く存在します。また、創価学会関連の施設を中心に宗教関連の施設も存在します。
さらに西側を新宿御苑、南側を明治神宮外苑に囲まれており、都内でも緑豊かなエリアとなっています。自然だけではなく歴史が町の中に溶け込んでおり、迎賓館赤坂離宮や新宿歴史博物館、須賀神社などを中心とした東京都、新宿区の歴史を感じさせる建物が揃っています。
総じてコンクリートジャングルがイメージされがちな新宿エリアにおいて、一線を画すほど穏やかな雰囲気のエリアとなっています。

再開発の一環で2020年「コモレ四谷」オープン

   新宿駅周辺は現在再開発の真っただ中ということで、様々な計画中の高層ビルや施設が話題にあがりますが、四谷・信濃町方面は再開発が進んでおらず、その穏やかさが最大の特徴となります。
とはいえ、労働、居住環境の改善のために地道な再開発は行われています。その一つが2020年の「CO・MO・RE YOTSUYA(コモレ四谷)」オープンです。コモレ四谷はオフィス施設の「YOTSUYA TOWER」、商業施設の「CO・MO・RE MALL」、地域の憩いの場となる「コモレビの広場」の3つのエリアによって構成されています。
YOTSUYA TOWERは地上31階建て、約150メートルの四谷には珍しい高層オフィスビルとなっており、LINEや朝日生命保険、高千穂交易など四谷・信濃町エリアを代表する企業が拠点を構えています。
周囲の景観との調和を大切にする四谷・信濃町らしく低層階は一面を森に覆われたようなデザインとなっているのが特徴です。

ページトップへ