オフィス移転
サービス部門3冠達成

支持率 物件充実度 スタッフ対応
条件で絞り込む
  • キーワード

番町・麹町・永田町周辺の賃貸オフィス・賃貸事務所の物件・相場情報

検索結果171

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

番町・麹町エリアの賃貸オフィス・賃貸事務所特集

目次

  1. 1. 番町・麹町エリアの特徴
    1.  1-1. 番町・麹町エリアの路線
    2.  1-2. エリア内に本社を置く有名企業
    3.  1-3. 番町・麹町を管轄するビジネス関連の官公庁
  2. 2. 番町・麹町エリアの賃料相場情報
    1.  2-1. イメージの良さの割に家賃はリーズナブル
    2.  2-2. ハイグレードなオフィスビルが多い
    3.  2-3. 大規模オフィスビルも徐々に増加
  3. 3. 番町・麹町エリアの賃貸オフィス・事務所で知っておくべきキーワード
    1.  3-1. 外資系企業や弁護士などに人気
    2.  3-2. オフィス、公官庁、教育機関などが混然一体となっている
    3.  3-3. 東京の中心にある恵まれた立地

1. 番町・麹町エリアの特徴

   番町・麹町エリアは麹町を中心に、永田町、半蔵門、四谷。市ヶ谷などの地域のことを指します。江戸時代に大名・旗本の武家屋敷があった地域で、永田町や皇居にも近く昔から政治の中心地として発展してきたました。そのため、オフィス需要はもちろんのこと官公庁や教育機関、大使館などが集中しており、昔ながらの高級住宅街としても人気があるので様々な施設が混在しています。
このように様々な種類の機関が集まり、歴史的を重ねてきた街でもあるので東京の中でも良い意味で独特の雰囲気を持った地域となります。
番町・麹町エリアにオフィスを構えることによって、会社のイメージに高級感、信頼性を付与できますし、その割には相場に割安感があるので、会社のブランディングに取り組みたい事業者にとっては魅力的なエリアです。

番町・麹町エリアの路線

<都内主要駅へのアクセス:麹町駅基準>

 自動車  鉄道・バス  自転車
 新宿駅 12分(3.4km) 13分(中央線) 15分(4.2km)
 品川駅 18分(9.5km) 17分(山手線) 33分(7.1km)
 丸の内(東京・大手町)駅 10分(3.1km) 17分(半蔵門線) 17分(3.8km)
 羽田空港 26分(21.5km) 46分(有楽町線→空港線) 1時間16分(18.7km)

<周辺の駅・路線>

  • 東京メトロ麴町駅:有楽町線
  • 東京メトロ半蔵門駅:半蔵門線
  • 東京メトロ市ヶ谷駅:有楽町線、南北線
  • 都営地下鉄市ヶ谷駅:新宿線
  • JR東日本市ヶ谷駅:中央・総武線
  • JR東日本四ツ谷駅:中央・総武線
  • 東京メトロ四ツ谷駅:丸の内線、南北線
  • 東京メトロ永田町駅:有楽町線、半蔵門線、南北線

エリア内に本社を置く有名企業

   NTTドコモ、Zホールディングス、オプト、オリエントコーポレーション、セブン&アイ・HDマネックスグループ、ライフネット生命、三菱総合研究所、日東紡績 など

番町・麹町を管轄するビジネス関連の官公庁

税務署:麹町税務署 (〒102-8311 東京都千代田区九段南1丁目1番15号 九段第2合同庁舎 1階・2階)
都税事務所:千代田都税事務所 (〒101-8520 東京都千代田区内神田2-1-12)
年金事務所:千代田年金事務所 (〒102-8337 東京都千代田区三番町22)
法務局:東京法務局 (〒102-8225千代田区九段南1丁目1番15号 九段第2合同庁舎)
役所:千代田区役所 (〒102-8688 東京都千代田区九段南1丁目2番1号)

2. 番町・麹町エリアの賃料相場情報

   番町・麹町エリアの賃料相場は上記のとおりです。
もちろん住所、築年数、付帯設備によっても実際の家賃は異なります。都内でも公官庁や大使館が集中しているエリアなので、賃料相場が高いと思われるかもしれませんが意外にも比較的リーズナブルな値段となっています。ただし、昔ながらの施設がたくさんあり相対的にオフィスビルにできる土地が少ないので物件の選択肢が少なくなりがちです。一昔前は大規模オフィスビルが少なく、新たに大企業が引っ越してくるのは難しいエリアではありましたが、近年は再開発が進み床面積の広い事務所も借りやすくはなってきています。

イメージの良さの割に家賃はリーズナブル

   20坪前後のオフィスであれば坪単価16,000円前後、200坪を超えるオフィスでも坪単価27,000円程度ということで、一般的には少し高めの価格設定になっています。
ただし、丸の内や渋谷のような人気オフィス街と比較するとリーズナブルな価格設定になっており、高級感や信頼性、仕事の公共性をアピールしたいという場合は番町・麹町エリアの方がブランドとしての価値は高いかもしれません。
番町・麹町エリアよりさらにオフィス賃料を抑えたいのであれば、同じ千代田区でも飯田橋や九段の方まで行けば平均して1~2割程度は賃料相場が下がる可能性があります。ただし、番町・麹町エリアのブランド価値を考えると業種によっては安易に安いエリアの方を見るのではなく、番町・麹町エリア内にこだわった方が良いかもしれません。

ハイグレードなオフィスビルが多い

   番町・麹町エリアは中型のハイグレードビルの割合が相対的に多いと言われています。番町・麹町エリアというブランドに加えて、オフィス自体もハイグレードなビルに入居することにより顧客や求職者への信頼性の向上が期待できます。
また、SOHO物件や小規模オフィス向けでもハイグレードな物件があるので、サービスの高級感や信頼性にこだわって起業したい方々にも人気のエリアになっています。

大規模オフィスビルも徐々に増加

   中型のハイグレードビルが充実しているものの、相対的に大規模オフィスビルが少なく長らく拠点を番町・麹町エリアに構えている企業も多いため、このエリアは大企業が新規で移転するのが難しい土地でもありました。
しかし、近年の再開発により大規模オフィスも充実してきており、十分に大規模オフィスを確保できる可能性も高まってきています。
例えば、2020年夏に竣工した住友不動産麹町ガーデンタワーは22階建140mの高層ビルで、延床面積は47,950平方メートルにものぼります。ちなみに、住友不動産麹町ガーデンタワーには三菱東京UFJ銀行や芙蓉総合リースが入居しており、他にもエリアにはあおぞら銀行やマネックスグループ、プルデンシャル生命保険の本社などもあるので徐々に金融機関からの人気が高まっているエリアであるともいえます。

3. 番町・麹町エリアの賃貸オフィス・事務所で知っておくべきキーワード

   番町・麹町エリアのイメージの良さや公官庁が近いことから外資系企業や法律事務所、財団や協会などがオフィスを構えるのに好まれる地域です。東京でも最古の部類に入るオフィス街なので再開発が著しく進んでいるというわけではありませんが、安定しており時代に合わせて柔軟に企業のニーズに答えてきた街です。
また、山手線エリアのほぼ中央で都内のどこにもアクセスしやすく、歴史的な街並みや千鳥が淵の桜並木など文化的・情緒的な価値の高いエリアでもあります。

外資系企業や弁護士などに人気

   昔ながらの飲食店から急成長の新興IT企業まで様々な業種・事業規模の会社に人気があり、近年は特に金融業界からの注目を集めていることは前述のとおりですが、昔ながらにこのエリアが人気の業種が外資系企業や弁護士業界です。
番町・麹町エリアは昔からのオフィス街としてブランド力があり、イメージが良いのはもちろん交通の便や街並みの良さ、公官庁や大使館に近いことから総合的に日本での拠点として優れていると判断する海外企業が多いのだと考えられます。
また、弁護士業界にも人気のエリアです。東京法務局や裁判所に通いやすい立地でありエリアとしての信頼感、ハイグレードなオフィスも充実していることからこのエリアに拠点を構える弁護士事務所も多いです。
他にもIT企業もこのエリアに拠点を構えることもあり、ヤフーとLINEが経営統合して誕生しZホールディングスもこのエリアに拠点があります。もちろんNTTドコモのように昔ながらの日本の大企業にも人気があります。

オフィス、公官庁、教育機関などが混然一体となっている

   古くは江戸時代から番町・麹町エリアは政治や商業の中心となる街でした。エリアの中心となる麹町は「麹」とつくことからも分かるとおり麹を販売していた商人が多かったことから名づけられた商業地域でした。対して麹町の北側にある番町は将軍の直属の部下である旗本が住む地域、南の紀尾井町は大名屋敷が並ぶ地域として住み分けがありました。
そして明治維新以降、江戸川幕府が解体されて広大な武家屋敷跡が発生、その跡地を有効活用しようと上智大学などの教育機関が次々建ちました。また、高度経済長期に高層ビル建設の先駆けとなったのはこのエリアに建設されたホテルニューオータニです。
他にも永田町に近いことから各国が大使館を設置したり、イメージの良さから財団、協会なども拠点も構えています。
このような歴史的な経緯からオフィス、公官庁、教育機関などが混然一体となっている麹町・番町エリアですが時代のニーズに応じて常に変化し続ける街でもあります。
ビジネス街として発展著しい、渋谷や秋葉原のように華やかな話題にはなりませんが、昔からの高級オフィス街として常に時代に合わせて新しいオフィスビルが建築され、昔ながらの大企業から近年隆盛したIT企業までさまざまな企業がこのエリアの歴史的な価値を礎にしながら同居しています。

東京の中心にある恵まれた立地

   立地として山手線の中心エリアに存在して新宿、池袋、上野、東京、品川など主要エリアに移動しやすいのもそうですが、永田町が近く教育機関、官公庁、大手企業など日本を代表するさまざまな団体が集まっているという意味でも東京の中心地的な役割を果たしている地域です。
また、千鳥ヶ淵の桜やホテルニューオータニの日本庭園など都会の中でも綺麗な景色・街並みが点在している情緒的価値の高いエリアでもあります。

ページトップへ